toggle
2018-03-23

イガイガする!その前に~シュシュッとひと吹き♪

寒くなると気になるのが乾燥。お肌だけでなく「のど」もイガイガ始まるこの季節。
風邪やインフルエンザが流行る前に教室でリクエストが多いのが「のどスプレー」です。

作ってみると意外と簡単♪ だけど効果的!マスクにシュッシュも!

空気が乾燥し、寒暖の差が激しくなると真っ先にダメージが現れるのは「のど」。
のどには扁桃腺があり、身体の中に雑菌やウイルスを入れないようにする見張り番の役割をしています。つまり、のどを大事にケアすることは、これからの季節にとっても必要になりますね。

風邪予防の基本は「手洗い」と「うがい」ですが、いつでもうがいができるとはかぎりません。また、乾燥でのどがすっきりしないときなど、副作用の心配もなく子供にも安心なアロマスプレーが大活躍。近年ではさまざまな理由から手作りする方が増えています。アロマの作用を上手に選んで作るスプレーはいつでも持ち歩けて重宝です。

 

材料はたったこれだけ!

  • スプレーボトル 30ml容器
  • 無水エタノール  3ml
  • 精製水      27ml
  • 精油  9滴

※精油はできるだけアドバイザーのいるお店でご購入ください。
※精製水、無水エタノールはドラッグストアで購入できます。

作り方

  1. スプレーボトルに無水エタノールを入れます。
  2. 精油を入れよく振り混ぜます。
  3. 精製水を入れよく振り混ぜます。

使うたびによく振って使いましょう。マスクにシュシュッとスプレーしてもOKです。お子さんが使用する場合には精油の量は4滴以内にしましょう。使用する精油は1種類でもいいですが、3~4種類混ぜると香りも楽しめます。

家族ひとりずつのオリジナルスプレーを作ってみよう~♪

作り方がとってもシンプルなアロマスプレー。精油には殺菌消毒作用、抗ウイルス作用、消炎作用などがあり、セレクトしだいで何にでも使えます。さらに精油を作用や目的を決めて選ぶとより効果的になります。
スプレーボトルもさまざまなもので個性的にするのもおススメ♪

口臭予防には
ティーツリー、ベルガモット、ペパーミント、ユーカリ、レモン

口内炎におすすめは
オレンジ、ティーツリー、ベルガモット、ミルラ、レモン

歯槽膿漏におすすめは
カモミール・ローマン/ジャーマン、サイプレス、ティーツリー、ベルガモット、ラベンダー

のどが痛いときにおすすめは
クラリセージ、ジャスミン、ゼラニウム、ネロり、ベルガモット、ミルラ、ユーカリ、ラベンダー、レモン、レモングラス、ローズマリー

咳のときにおすすめは
カモミールローマン/ジャーマン、カルダモン、クラリセージ、ペパーミント、マージョラム、ユーカリ、ラベンダー、ローズマリー

*妊娠中使用できない精油があります。

日々寒くなるこれからの季節、ちょっとした疲れやストレスで体調を崩しがちになります。そんなときは手軽にできる風邪予防のどスプレーをぜひおためしください。香りを嗅ぐだけでも元気になるうえ、お口の中がスッキリしていると、なんだか気持ちまでスッキリしますよ!

関連記事